菓匠 花桔梗

菓匠 花桔梗

  • 花桔梗について
  • お菓子
  • 店舗のご案内
  • お知らせ
  • お問い合わせ

花桔梗について

継承と挑戦と伝統に向き合いながら 若々しいこころでつくる和菓子。

花桔梗の餡

尾張の銘店と京都の銘店の餡を受け継ぎ、
こしあんはさらっと風味を活かし、
つぶあんは皮まで柔らかく、
日々精進のこころで仕込みます。
花桔梗の餡

軽やかな餅への想い

職人の手技が試されるのが羽二重餅の「煉り」
ふんわりとした食べごこちが
お客様を笑顔にすることを想いながら、
火加減と手元の加減をはかりながら丁寧に
そして一気に仕上げます。
軽やかな餅への想い

これからの世代の和菓子を夢見て

季節ごとに、羽二重餅と相性のいい風味や食感の果物をえらび、ふんわりとまとわせるように果物を包んだ「フルーツ餅」や「フルーツ生水羊羹」は、花桔梗を代表する銘菓となりました。
洋の味わいと和の豊かさの出会い、和菓子を伝承する新しいかたちにも積極的です。 シャンパンやクリームの持つ華やかな香りとコクを、和菓子の意匠や素材と組合せて様々な世代の暮らしに息づく和菓子を夢見ています。

軽やかな餅への想い

古から日本人が愛してやまない、
清らかで質感のある美しさは、
世代を超えて、国籍を超えて、
これからも愛され洗練されていくと
信じています。
軽やかな餅への想い